バリアフリーの観点でユニットバスをリフォーム - ユニットバスのリフォームで生活が変わる

バリアフリーの観点でユニットバスをリフォーム

subpage1

公共施設や商業施設、各種インフラストラクチャーでは、近年におけるバリアフリー設計思想の広がりによって誰にでも使いやすく過ごしやすい空間が構築されつつあります。

その動きは一般的な家庭の中にも浸透してきており、高齢者の方や体の不自由な方に対応した住空間を当たり前のように取り入れた、すべての人が暮らしやすい家が増えつつあります。

ユニットバスに関してもリフォームをきっかけにしてバリアフリー仕様とすることがおすすめです。

ご家族に高齢者の方がいらっしゃる場合だけでなく、ご自身が将来的に介助を必要としたり車椅子での移動を余儀なくされたりする可能性もありますので、広さや使いやすさということに重点を置いたユニットバスを選んでいくということがベターでしょう。
バリアフリー仕様として最も基本的なのは段差を極力少なくするということです。



これは健常者の方にとっても安全性能向上が見込めますので、現時点でバリアフリー化が必要ないとお考えの方であっても、脱衣所と風呂場との段差は作らない方向でリフォームを進めるのが良いでしょう。



また入り口のドアは開き戸や折戸よりも、動かしやすく開口部が広くなる引き戸にすることも良いアイディアです。



ユニットバスのメーカーでは、その他にもさまざまな安全設計や親切設計を講じています。


滑らない床や浴槽、簡単にお湯を出したり止めたりできるプッシュ式水栓、冬場のヒートショックを防ぐ浴室暖房機など、リフォームする場合には快適性と安全性をしっかりと考えて、適切なユニットバスを選んでいきたいものです。